​必ず、お電話で検査のご予約を取られてからご来院ください。
​それぞれの検査をクリックすると詳しい内容がご覧になれます。
6000円(税別)
コロナウイルスに対して抗体があるかどうかを測定します。
抗体検査は今現在、コロナウイルスに感染していることを示すPCR検査とは異なります。
​12万円(税別)
免疫細胞ががん細胞を攻撃する際に生じる遺伝子物質(m-RNA)を測定することで、がんの有無を遺伝子レベルで判定します。
画像では発見できない微細ながん細胞も検知できる可能性が高く、すい臓がんを含む4つの消化器がんを早期に診断できる可能性が示唆されています。​結果報告は約1カ月後になります。
18000円(税別)
ApoE遺伝子検査はアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータペプチドの蓄積に関わるアポリポ蛋白Eの遺伝子タイプを解析することで認知症のリスクを判定する検査です。遺伝的な認知症のリスクを知り、予防を行うことが認知症の予防につながります。結果報告は約20日後になります。
45000円(税別)
遺伝子を解析し生活習慣病の遺伝的リスクを判定する検査です。将来、どんな病気にかかりやすい体質か、どのようなライフスタイル、食生活が適しているのかを知ることができる遺伝子検査です。結果報告は約1カ月後になります。
45000円(税別)

​サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子とも呼ばれ、サーチュイン遺伝子が活性化していない=老化のスピードが速まっている と考えられます。サーチュイン遺伝子の発現量が低いと、糖尿病、動脈硬化、認知症、骨粗しょう症、サルコペニア(筋肉量減少)などのリスクが高まります​。結果報告は約1カ月後になります。

41000円(税別)
血液検査・尿検査を行うことで体内の酸化損傷の状態や抗酸化能を検査になります。体の酸化状態を知り​、対策をすることが老化や生活習慣病の予防につながります。結果報告は約20日後になります。
25000円(税別)
がん細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞の数も含めて、リンパ球の数や機能を測り、免疫力年齢を算定します。結果報告は約1カ月後になります。
​27000円(税別)
​血中マイクロRNA量は、がん細胞の活発性を反映しがんのステージや腫瘍の大きさに依存せずに変化するため、腫瘍マーカーが反応する前段階や画像検査で見つけることが難しいがんも早期に捉える可能性があり、スクリーニング検査として活用できます。​結果報告は約1カ月後になります。
12000円(税別)
現在の腎臓の健康状態を調べ、将来の慢性腎臓病(CKD)の発症及び進行を予測します。尿中L-FABPと尿中アルブミンを測定し、慢性腎臓病の早期発見を重症化予防を目的とした検査です。結果報告は約2週間後になります。
11000円(税別)
年齢との比較で必要なホルモンバランスを測定し、ホルモンバランスを改善することで体調不良や老化の予防につながります。結果報告は約2週間後になります。
38000円(税別)
テロメアは細胞分裂のたびに短くなっていくため、テロメアが短い = 細胞の老化が進んでいる と考えられます。テロメアの長さを調べることで細胞レベルの老化度を把握します。テロメアが短いと、がん​、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、肺疾患、認知症などのリスクが高まります。結果報告は約1カ月後になります。
25000円(税別)
体の不調の原因はビタミン・ミネラルの不足による可能性があります。どんな栄養素を補えばいいのかを知るために一度、受けらえることをお勧めします。栄養解析レポートを見ながら、栄養指導をさせていただきます。結果報告は約1カ月後になります。